projectの店舗内装は顧客の要求を形にすることが特徴

projectの店舗内装の例について

店舗内装ならエイケー / 店舗内装のデザイン・設計は埼玉・東京対応のビープロジェクト

projectの店舗内装について業種に特化しないprojectの店舗内装projectの店舗内装の例について

ある例では停車から面白さを表現したいと言う依頼を受け、これを見事に表現したと評価されたこともありました。
オフィスでありながらバーカウンターとラウンジを設置し、一般的なオフィスとは全く異なるデザインを実現したのです。
これには依頼した経営者も非常に驚いたのですが、経営者の要望が仕事と遊びで使い分けができる場所にしたいと言うことで、その遊びの場所にバーカウンターとラウンジを設置し、用途に合わせて利用できるにしたというのがprojectの答えとなっています。
その使い方は実際にオフィスを利用する人により様々であり、またそのオフィスのルールによっても一定のパターンが構築されていくものですが、様々な目的に利用することができる空間をあえてオフィスの中に作ることで、画一的なイメージから脱却し利用する人が驚くような強いインパクトを与えるものとなっています。
projectの店舗内装はこのような意外性を具体的に表現する点では、現代の主流から見ると異端児的な発想とみられる面も少なくありません。
しかし店舗の場合には訪れる顧客が意外性を求めていると言う面もあるため、これに十分に答えられる発想力を持っている会社であり、また具体化することができる会社と高く評価されています。